古典ん。

Category : 未分類
20日の演奏会、お忙しいなかいらしていただき、ありがとうございます。

前日に、NHKで、博多の山笠特集をみていて、

山笠の封建社会と、文化が脈々とうけつがれてきた様をみました、


山笠は、昨年実際に、はじめて見て、祭りの神聖さを肌身でかんじましたが、

祭りの時の、しきたりや衣装(しめこみとか)は、絶対に必要なもので、それゆえ危険から身を守っている

のだとおもいました。ジーパンじゃ、神輿は担げないし、危険だとおもいます。

多分、古典といわれるものや、儀式的なものも、そんなところと似ていて、祭りほど、神聖さや、危険を身をもって感じる

ことがすくなく、形式ばかりが目立って、いやになったりするのだとおもいますが、

根本の精神は、おなじところからきているのかなぁと。。。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

morikeiiko

Author:morikeiiko
守啓伊子

三味線演奏家
東京芸術大学および、同大学大学院音楽研究科修了
長唄東音会同人 日本音楽集団団員
ensemble室町メンバ-
国立劇場、他全国各地で演奏活動。
地元鎌倉市では、かまくら邦楽会を主催し、地元の邦楽普及につとめている。

♪三味線のお稽古場♪@鎌倉

鎌倉市二階堂にて隔週木曜日
稽古をしております。

morikeiiko☆gmail.com 
☆を@に変換してください


月2回木曜日です。その他の曜日も
是非見学にいらしてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード