本。

Category : 未分類
脳科学者の ジル ボルト テイラー が脳卒中になり

左脳がほとんど使い物にならなくなった時の事を書いた本を読みました。

奇跡の脳、My stroke of Insight という本です。

今は10年近くリハビリをして脳科学者として再び活躍されていて、

その時の右脳のみの体験がすごい、。

本の前半は壮絶な病中記録で、後半は、右脳礼賛というか、。


右脳は、静寂で恍惚感にいつも満たされていて、セルフを認識しないので

他の物質との境界線もなく、一体感または流動物に感じ、感性 直感のみを認識できる

ある種のエクスタシーまたは、ニルヴァーナ感に満たされているのだそう。

でも左脳が働かないと、現実生活を生きてはいけないので

両方のバランスがとても大事で、本当に微妙な力加減でいつでも崩壊してしまう

複雑な有機体の構造物である人体に、祝福を感じた、とかいてありました。

最初にyoutube で TED の 彼女のプレゼンテーションをみて

これは、本をよまなくてはとおもいました。

あまりに内容が面白すぎて、なかなか読み終わりませんでした。
スポンサーサイト
プロフィール

morikeiiko

Author:morikeiiko
守啓伊子

三味線演奏家
東京芸術大学および、同大学大学院音楽研究科修了
長唄東音会同人 日本音楽集団団員
ensemble室町メンバ-
国立劇場、他全国各地で演奏活動。
地元鎌倉市では、かまくら邦楽会を主催し、地元の邦楽普及につとめている。

♪三味線のお稽古場♪@鎌倉

鎌倉市二階堂にて隔週木曜日
稽古をしております。

morikeiiko☆gmail.com 
☆を@に変換してください


月2回木曜日です。その他の曜日も
是非見学にいらしてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード